音楽

2020年5月16日 (土)

ビグスビー付ける

ここへ来てやっと授業の日程を決める。8月後半以降に講義を入れるのが大学標準なのだが、6,7月に補講を入れて夏終わり分はカットするか。

休みの日まで仕事をするのは間違いだろう。

ついにギターにビグスビーのトレモロアームを付ける。

ビグスビー付きレスポール・カスタムのかっこいいTシャツを手に入れてから、我が家のレスポール・スタジオも同じにしようと考えていた。不器用なので弦の交換が難しく、何度も失敗して疲れ果てたが、ネットの動画にご教示いただいてなんとか完成した。

次は軽いギターにしようという計画だったのに、ますます重くなる。

お米を減らして体重は、63.1キロに。

 

2019年4月 4日 (木)

王様のライブへ

 

Img_5592  

王様ライブで新世界へ。

四番目だったので目の前だ。知っている曲をがんがんいくので、ジェフ・ベックやチャーとは違った嬉しさがあある。

キャパシティが小さく、客は二十人いない。終了後、皆で通天閣 バックに記念撮影

2019年2月 9日 (土)

スライドバー入手



ロフトで手帳を入手して、ふと楽器屋があることを思い出した。

金属製のスライドバーを紛失したので、今回はガラスにした。透明なのでゴミと間違われて捨てられたのを回収したところ。

ネットの方がだいぶ安いがサイズがわかりにくい。リングサイズで選ぶようだが、どの指にはめるかは使わないとわからんので参考にならん。

阪急百貨店の地下でケーキを買ったが、日本中の人が集まっていた

| トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

ルーパーがやって来た



ルーパーがやって来た。足元に置くタイプではなく手で触るものなので、狭い机が一杯になった。

動画を見ていると簡単そうだったが、音楽的素養と技術、それに直感が必要なようだ。いきなり音が出なくて泣く。

ルーパーが来るのを楽しみに、第五回プレゼミを行う。

グループ報告だが、質疑が噛み合わない。両者の準備不足が原因だ。噛み合わないが、質疑自体は盛り上がる

| トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

ギター弦



ギター弦と靴下と靴紐を入手、店がまとまっていて楽だ。

いつもはマーティンやギブソンなど舶来品の廉価商品にするが、楽器屋さんへ行っているので、ショップオリジナルにした。

三十年前に古道具屋で入手した安い国産ギターなので、もはや弦代の方が上回っているな。プリンターとインクとは違い、銘柄は好きにできる。

ルーパーも見たかったが、ショッピングモールの楽器店には目当ての品がなかった

2018年8月22日 (水)

極暑



健気に咲く朝顔。排水パイプ横なのは二軍だからだが、ねぼすけの一軍よりきっちり朝に咲いた。

某打ち合わせ。こんなことがあるのかと思える内容で、なかなか人生楽しめる。

昼食はグルメシティ炭水化物とサラダ。体重は落ちない。62.9だ。

堺で39度超えたらしい。

極暑記念に岡崎体育の鴨川等間隔をダウンロードした。ネットで見られる数年前の音と違う気がする。歌が上手くてギターがこじんまりまとまってしまっている

2017年9月22日 (金)

梅田でライブ



今晩は梅田でライブ。

毎晩ライブ三昧のようだが、元々は第2単著完成前祝いだった。まさか、ここまで混乱するとは。

講義一つ、ゼミ二つ。

四年ゼミはゼミ論中間発表が始まった。基礎ゼミ以来四年見ている真面目な奴らを投入、初回としてはうまくまとまる。

三年ゼミは判例報告の説明とグループディスカッションの練習。ここには四年ゼミ、派手め内定チームをいれる。

その派手め内定者の一人に、うちの学部では前代未聞の企業から新たに内定がでたらしい。

2017年9月21日 (木)

京都でライブ

朝から講義二つ、昼間は大学最高幹部に呼ばれ(まあ内容は予想通り)、そのあとは2015年ゼミの卒業生と久しぶりに1時間ほど話し、某セクションに指示を出し(オー、偉そうに)、そして夜は京都でライブ。

河原町のライブハウスなので阪急でのんびり移動をしようとしたら、天六で京都線事故不通で電車が止まってしまう。慌てて京阪に戻る。

京阪四条からライブハウスへ向かうが、毎度の様に場所がよくわからない。お目当てのメインアクト、イツカノオトの登場までには時間があったが、なんとか飛び込む。

アコースティック専用ライブハウス、でもメインの西川進はいつも用にSGでグワングワンだった(いつものようにと言うほどでもない、観たのは2度目)。

その前の人たちが全員アコギ一本で勝負で、これはこれで気持ちよく、欲しい物リストにハミングバードが入った(たぶんGibsonは無理だ)。

京都から、ほぼ終電に乗って帰る。






2017年2月22日 (水)

広沢タダシ


広沢タダシのライブへ。





会議日三日目、予想していなかった分も含めて12時前から5時過ぎまで五つ。




直接かかわるのは一つだけだが、法っぽい発言をせざるを得ない場所で喋り倒す。




そんな中、大きな朗報一つ。こういう話になるのであれば会議の五つや六つどうってことはない、という内容だった。




梅田のシャングリラを目指すが場所がよく分からない。道の右手を探していたら左手だった。




広沢タダシファンクラブの集いという感じだが、新参者にも暖かい空気だった。ギターは感情系ギタリスト、西川進。実はこっちが目当てだったので、顔は舞台右を向く感じ。

ギターは、SGではく、赤いジャズマスターだった。かっこいい。

2017年1月28日 (土)

バースデーライブへ



アコースティックギタリスト、中川イサトの70歳バースデーライブ、会場はもはや道に迷うことのない心斎橋ビッグキャットだ。

後ろから二列目だったが通路側なので結構見ることはできた。ただ、イサト教の信者の集会なので、ここは音の良い真ん中が正解だろう。

いつもは多くても50程度が400近いかな。

昔の曲もアレンジが変わっていて、出だしを聞いても一瞬わからない。スピード勝負、早弾き大会ではないが、一音一音が美しく、それが全体へとつながる感じ。

うまく言えないが、まあ、ものすごい。

朝から夕方までは、入試初日。近鉄の駅も大混雑だったが、車掌さん、駅名の後に受験生へのエールを入れてくれていた。

より以前の記事一覧